はぐくむキッチン

hagkitchen.exblog.jp

おいしい暮らしのレシピ:1958 early spring




今から56年前
50年後をみつめた
記事



飛んではいませんね・・・



でも、私は
小学生のころ
大人になったら
こうなるんじゃないかと
思っていたんです^^










c0327192_08024664.jpg



他にも
汁もの の紹介がいくつかされていて
その冒頭には
こんなことばが







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 ひゅうひゅうと木枯らしが吹いて
暗い空に電線がうなっている夜
働きつかれ冷えきって
帰りを急ぐひとの
心の中にひとつ
あたたかくともっているのは
わが家の電燈です
その灯の下に
立ちあがっている湯気です
おいしそうなにおいです

・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・
・・・・・
・・・・

あつい汁を盛った器を
かじかんだ手のひらでだきしめると
なにか幸せなあたたかいものが
こころのおくへ
しずかにひろがってゆくのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  < 暮しの手帖 1958  earlyspring より >



この最後の文章がすきです





c0327192_07490315.jpg






ほほの絵


c0327192_20322973.jpg


おうちから

なにかが
出ているように
見えるのは
わたしだけでしょうか










 


たくさんのイイネが詰まっていますね
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

[PR]
トラックバックURL : http://hagkitchen.exblog.jp/tb/21678203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hairpriori at 2014-02-16 09:30
私はいつも暗くて冷えたマンションに帰り暖めておく側です^^”
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 10:03
とーちゃんさん
それもまた~人生~♪家庭によりいろいろですね^^にこり
Commented by otomeurarafuku at 2014-02-16 13:32
暮らしの手帳 昔 母が読んでいました
1958年 私は〇才…(*^_^*)
挿絵と優しい字体が好きだったこと思い出します
まだ寒い早春 心のこもったお料理に小さな幸せを感じる…
素敵ですね
Commented by jiroemon0310 at 2014-02-16 14:15
亡くなったお袋が毎月読んでいたのを思いだしましたw
1958・・・
小生、7才のぴっかぴかの小学生~♪

ほほちゃん画伯の絵・・・
いつ見させていただいてもほっこり~♪
ありがとうございますw(^_-)-☆

★P+P
Commented by muguet_2107 at 2014-02-16 14:23
心がホッと温かくなる文章ですね。
文章からお料理やお部屋の光景が浮かび冬の小さな喜びみたいなものが伝わってくるようです。
煙突から煙ですか?にっこりお顔付きで…。和みますね〜♬
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 14:41
otomeurarafuku さん
母の子供時代はこんなにハイカラ^^
だったのかと驚きます。
表紙も挿し絵も大好きで^^
雑誌の中はあまり載せたらいけないかなと思いつつ
載せてみました^^にこり
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 14:44
治郎右衛門さん
お袋って、イイですね~!
私も男の子がいたら呼ばれてみたいです。^^にこり
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 14:56
muguet さん
何かはよくわからないけど、なんか、いいにおいのする煙か湯気のように思えて^^☆
冬の寒いとき、家についた瞬間の湯気や匂いって、ほっとしますもんね。こんな昔にこんなにキュートな挿し絵~っ!!!て、ときめいて、載せたらいけないのかなとも思ったけれど、のせちゃいました。^^にこり
Commented by きゃふぁにこ♪ at 2014-02-16 16:30 x
ほほちゃんの絵、
お家から笑顔が出てる~♪ ^^
それからコックさん風はママの事かしら?
虹色のお家の煙突から、ふわふわ~と出て来たのは美味しい香り~??
なんて、、、
勝手に想像しちゃって、「ぜんぜん違いますっ!」だったらごめんなさいね。 ^^;

にこりさんのお母さんが持ってらっしゃったものですか?
私だってまだ生まれてないわー@@。。
Commented by madlas at 2014-02-16 17:31
おおー!何かが出てます!!間違いなく出てますね^^
これは幸せの煙じゃないでしょうか^^
本当にほほちゃん、才能あり!この絵もお買い上げ~!!(*^_^*)
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 19:47
きゃふぁにこさん
なんか、勝手に解釈するしかないときもあって。
おもむろに描き始めて、できたよーって持ってきて、
何描いたか聞くんですけど、よくわかんないときがあるんですよ。
だから、たまたまこんな絵になったんでしょけど、ね。(*^^*)
暮しの手帖、母もこのとき子供だったくらい昔です。
だから母のではないんですけど、スッゴク新鮮に読ませてもらってます。 ^^にこり
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 19:53
madlas さん
お買い上げ~!ありがとうございます。
段々丸い顔が大きくなってくるところが
遠近感あるでしょ?
何かはよくわからないけど、勝手に解釈しました。
今更ほほに聞いて違ったら、どうしよ。(・∀・) にこり☆
Commented by nori_natural at 2014-02-16 21:06
こんばんは、にこりさん。
むすめさん、3差ににしては絵が上手いですね。
虹色にぬられた色が良いですね♪
きっと優しく育てられているのが色に出たのでしょうね。
Commented by hagukitchen at 2014-02-16 22:07
nori_natural さん
突然開花しだしたようです。
お芋ゴロゴロしてばかりの絵でしたから・・にこり^^
Commented by yk-voyant54 at 2014-02-16 23:10
「暮らしの手帖」って昔から独特な上質な思想とセンスがある
本ですよね。装丁もいいですね。
昨日はArt Lessonからも見たのですが、
夜中の3時になってしまい挫折。コメントを残せませんでした。
本当にひとつひとつの記事がコメントしたくなるものばかり。
今思うのは、すてきな人にまた巡り会えたなっていうこと。
料理ノートもさすがに絵も字も上手ですね。包丁という道具も
美しい。お父様は音楽家なの?ピアノが流れるお家で育ったの?
あの手は、にこりさんとほほちゃん?そしてなにより、
ほほちゃんとの会話が楽しいね。ブログは同時に記録になる。
子育ての時期にブログがあるって、いいなって思う。
にこりさんの中にある豊富な感性と知性、思考が心地よいです。
Commented by hagukitchen at 2014-02-17 06:43
ボヤントさん

ちょっと長くなりそうなので、ブログにオジャマします^^にこり
Commented by amelia42 at 2014-02-17 08:37
最後の言葉はその当時の編集長さんのものでしょうか?
その時代の編集長さんはどなただったのかしら・・・
今の編集長、杉浦さんの言葉が好きで、ワタシもここ数年ずっと愛用しています。
Commented by amelia42 at 2014-02-17 08:38
杉浦さんじゃない!松浦さんでしたね。
何か違うと思いつつ・・ とんだ間違いでした。
Commented by hagukitchen at 2014-02-17 09:02
ameliaさん
私、いまの暮らしの手帖はちゃんと見ていませんで・・・
こんど、ちゃんとみてみたくなりました。
松浦さんの言葉、気になります^^にこり
Commented by kumatta30 at 2014-02-17 23:51
これはすばらしい歌詞のような文章。
この時代、松浦さんもいいし、
花森さんとかの本ももってるけど
ほんますばらしいんですよね。
ハッとさせられてほっくりする。
そんな言葉がこぼれてますねえ。
by hagukitchen | 2014-02-16 08:37 | たいせつにしたいこと | Trackback | Comments(20)